MENU

ソフトウェアシステム開発現場の「仕組み」を考える

当社は2009年に創業され事業経歴こそ決して長くはありませんが、創業当初からエンタープライズシステムプロジェクトでのモデリング(UML)やアーキテクトデザイン分野での技術提供サービスにおいて、お客様から大変ご好評をいただいて参りました。

当社のクラウドサービスやモバイルアプリケーションの開発提供実績は、高度な技術力や経験値だけではなく、現場のプロセスや技法などの「仕組み」から考え、取り組むことで裏付けられているのです。

 

また当社では可能な限りアジャイル開発でプロジェクトを遂行しています。
しかしアジャイルプロジェクトをユーザープロジェクトで遂行するには、多くの提唱される理論とは別に大きな課題と障壁があります。
それはユーザーシステム開発プロジェクトにおいて不変要素といえる、「あくまでも顧客とベンダーの関係である」ということです。
この、「利害の違う者同士である。」ということを理解した上で、どの様な手段で「利害の違う者同士」で最善最適なスクラムを実現できるかがアジャイルプロジェクトでは重要であると当社は考えます。
当社は経験から幾つかを学びました。
そして、アジャイルプロジェクトを検討するお客様にその有効手段をご提供いたします。